野菜ジュース

栄養が摂れる!野菜ジュースの成分とは?

野菜ジュースは今、スーパーやドラッグストアでも販売されています。
果たして、本当に健康にいいか疑問に思っている人もいるはずです。
ここでは、野菜ジュースの成分についてご紹介します。

 

【野菜ジュースの栄養】

 

野菜をジュースにした場合、ビタミンCや食物繊維など減少する成分があります。
しかし、野菜ジュースの中でも減少せず、なくならない栄養成分は多数あります。
それは、鉄分やナトリウム、カリウムなどのミネラルや野菜の色素のカロテノイドです。

 

また、リコピンやβーカロテンは生の野菜から摂るよりも野菜ジュースで摂る方が吸収率のいい栄養素です。
トマトに含まれるリコピンは野菜ジュースにすると、生のままの3.8倍摂取出来ます。
にんじんに含まれるβーカロテンは、野菜ジュースにすると、生のままの1.5倍摂取出来ます。
生の野菜から摂るよりも、野菜ジュースで摂る方が吸収率がいい栄養素もあるのです。

 

野菜ジュースの栄養記載

 

野菜ジュースの製品パッケージに、その製品に含まれる栄養成分量を記載しています。
一部の栄養素は、時間が経つにつれて減少するものもあります。
基本的には、記載されている栄養成分は、賞味期限内に摂取できる栄養成分となっているのです。

 

野菜ジュースはどれくらい飲めばいい

 

いろいろな栄養成分を手軽に摂取出来るのが、健康に良い野菜ジュースのいいところです。
しかし、野菜ジュースを飲んでいれば健康になるのとは別問題です。
健康的な食生活の基本は、さまざまなものを少しずつ、バランスよく食べることです。
同じものを摂りすぎるのはよくなく、それは野菜ジュースも同じです。

 

普段の食事でバランスよく、野菜を摂ることを心がけて下さい。
そして、野菜ジュースは、あくまでも野菜摂取の補助として、飲用するようにしましょう。

 

このように、野菜ジュースはさまざまな成分を含んでいます。
しかし、生の野菜よりも栄養成分が減少してしまうことも多くあります。
あくまで、普段の食事の補助として考えた方がいいです。
野菜ジュースを補助的に飲んで、栄養を摂取し、健康に努めましょう。